「仕事ができる人」の立場になってわかったこと

自分で言うのもなんだが、私は今の職場では「仕事ができる人」である。

客観的に見ても、私の影響力はかなり大きい。

今まで働いてきた職場では、ずっとお荷物的な立場だったので、まさか自分がこのような立ち位置になるとは思いもよらなかった。

しかし、だからこそ両者の違いを比較することができる。

今回は、仕事ができる人になって気づいたことを書き記したい。

周りに頼られる

まず初めに、当たり前のことだが、仕事ができる人間は会社で重宝される。

会社は仕事をする場なので、仕事ができるということは、それだけ自分の存在価値も高まるということだ。

上司からも頼りにされるし、周りからも尊敬の目で見られやすい。

そういったことを経験すると、自然と自尊心も高まってくる。

逆に言えば、仕事ができる立場になると、仕事で劣等感を感じることがなくなるのだ。

これは過去に働いてきた職場では体験しことがない経験である。

また、心境的にも「自分が会社に貢献している」という自負心が芽生え、より一層仕事に意欲的になれる。

一時はあれほど嫌悪していた「働く」という行為も、いつしか「どのようにしたらもっと効率的に仕事を回せるか」など、経営者的な視点から物事を見るようになっていた。

やはり、人は「頼られる」ことに物凄くやりがいを感じるようだ。

人に頼られることは、純粋に気持ちがいい。

長らく忘れていたその感情を、この職場で働いたことで思い出すことができた。

恐らく、これをモチベーションとして社会人を続けてる人も多いだろう。

人間関係に左右されない

もう一つ意外だったのは、仕事ができる立場になると、職場の人間関係に左右されなくなる、ということだ。

多くの人が、仕事で一番気を悩ませている問題といえば、やはり人間関係である。

組織で働けば、どうしても気が合わない人間はいるものだ。

私も過去に働いていた職場で色々な人間に会ってきて、その気持ちは大いにわかる。

その度に、仕事を辞めたくなったものだ。

しかし、仕事ができる人の立場になると、そうした悩みが解消される。

厳密には全てが解消されるわけではないが、限りなくゼロに近くなるのだ。

なぜかというと、権限がこちらの方が上になるからである。

相手がどんなに気に食わない人間だとしても、会社の中では仕事ができる人間の方が発言権が上なのだ。

上司も基本的にこちらの味方についてくれるし、なんだかんだと周りも仕事ができるということで容認してくれる。(もちろん人間性に大きく問題がある場合は別)

そういう意味で、相手もこちら側を認めざるを得ないのである。

つまり、仕事さえできるようになれば、職場の人間関係の負担は大幅に減らすことができる、ということだ。

この事実は、私の中で大きな収穫だった。

仕事ができるようになるとこんな特典も付いてくるか、と目から鱗である。

よって、職場で煩わしい人間関係に悩んでいる人は、一刻も早く「仕事ができる人」という立場を確立することをオススメする。

それが悩みを解消するための最も簡単な方法だ。

仕事ができる立場になって失うもの

とはいえ、「仕事ができる人」の立場は良いことばかりではない。

中には仕事ができる立場になることで失うものもある。

その代表的なことといえば、自分の負担が大きくなる、ということだ。

仕事ができる立場になると、やはり、大変な仕事や労力を費やす仕事を任される頻度が多くなる。

それだけ頼りにされている、という証拠ではあるが、悪い見方をすれば「利用されている」とも捉えられる。

私が人一倍周りの人より仕事をしたところで、給料は他の人と変わらない。

単純にお金を稼ぐという点では、非効率である。

正直なことを言えば、時々周りに対して恨み言を呟きたくなる。

「こっちは大変なのに、あの人は楽そうだなぁ」と。

だが、過去の経験を思い出し、すぐにそれは思い過ごしだと気持ちを切り替えることにしている。

今までの私は、ずっとそっち側(仕事ができない人)の立場だったからわかるのだ。

その人はその人なりに精一杯仕事をしているし、仮に手を抜いていたとしても、その人なりの価値観に元づいて行動しているのだ。

仕事ができないからといって、その人の全てを否定する権利は誰にもない。

仕事が人生の全てではないのだから。

間違っても仕事ができない人を見下したり、その人と比べて優越感を感じるなど、低次元な行いをしてはならない。

自分なりに精一杯やり、自分で自分の仕事ぶりを誇れるようになれればそれでいいのである。

これを読んでいるあなたも、そのことを心に留め、是非とも職場で「仕事ができる人」の立ち位置を確保してもらいたい。

きっと今までと違う世界が見えるはずだ。

タイトルとURLをコピーしました